« 指導日記 | トップページ | 不本意 »

2014年11月 6日 (木)

今尾杯

日曜日に今尾杯が開催されました。

参加して頂いた道場のみなさん、大会運営にご尽力を頂いた柔道協会の先生方、ご父兄のみなさんありがとうございました。

自分は、相変わらず地元開催の試合ですら仕事で殆ど試合が見れませんでした(-_-;)

ですが、団体戦、敦賀の子供たちの試合を二試合見る事が出来ました。

その中で目についたのが、前回もその成長を取り上げた四年生のA君の試合でした。

な、何とA君がAチームの選手に抜擢されていました。

流石、Y代表見てるんですね。

さて、どんな試合をしてくれるのか?

試合開始、今まで見た事がないような闘志溢れる顔、ですが、闘志とは裏腹に空回りして敗戦。

苦笑いしながら試合場を去るA君。

A君を追って見てると、今度は下を見ながら拳で畳を叩いていました。

笑いながら?

顔を上げた瞬間、A君は泣いていました。

あんなに練習は不真面目で闘志の欠片もなかったのに・・・・・・・

もらい泣きしそうでした。

悔しかったんでしょう。

相当の想いでこの試合に臨んだのでしょう。

素質のある選手だけを強化し育成するのが柔道ではありません。

柔道は人間教育。

A君に教えられました。

ある道場の先生に、A君良いですね!

と、声を掛けて頂きました。

信じ、待ち、許す。

三位一体、指導者、本人、家族。

ある本に書かれていた受け売りですが、ダメな生徒なんていない、ダメな指導者がいるだけ。

色んなことに気付いたA君の今後に期待します。

そして、もっともっと子供たちに気付いて貰える様な指導者でありたいです。

一瞬の出来事でしたが、本当に良いものを見せて貰いました。

強制ではなく、やらせでもない涙って本当に感動します。

« 指導日記 | トップページ | 不本意 »

コメント

A君は練習で教えたことを真摯に受け止めることができる一人ですね。

彼が飛躍することで他の子供達も先生方の教えをしっかり吸収すれば強くなれることに気づいてくれると練習にも気合を入れて打ち込めるようになれると思います。

今回の大会で残念だったのは他道場の子供たちの試合を真面目に観戦している子があまりいなかったことです。
技術も礼儀も上をいっている選手達の姿を見て自分に足りないものを学んでほしかった・・・

ryoumaの父 さん

仰る通りですね!

今後の子供達の成長を期待したいです( ̄ー ̄)ニヤリ

会場での態度、これは我々指導者の責任だと思いました。

今後はこう言うことないように指導していきましょう。

息子さんも早く気付いてくれるように接します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1047037/57902033

この記事へのトラックバック一覧です: 今尾杯:

« 指導日記 | トップページ | 不本意 »

無料ブログはココログ
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ