« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月26日 (水)

やればできる

昨日の練習。

粟中も敦賀高校も試験期間中につき練習なし。

少年団の練習に集中して参加しました。

教材として、ある柔道仲間から頂いたDVD。

高専柔道の寝技のスペシャリストの講習会を写したものでした。

この中の技術を子供たちに今日は伝授しよう。

そう思いながら練習に参加しました。

参加者も多く、そこそこの感じで練習は進みました。

ここで、寝技の講習会。

やらせてみると全然できない。

出来る意欲のあるのは数組だけ。

やる気、意欲を奮い立たそうと、気付かせようと集合させたりしましたが、上手くいきませんでした。

そんな中、練習に参加していたOGの中学生が完璧にこなしていました。

みんなの前で、この子は小学生の頃は全然やる気もなく、今のみんな以下の練習態度だった。

けど、最近意欲的になり今も完璧にマスターしてるんだよ。

先生も一生懸命指導してるのだから、みんなも、もっと真剣に聞き体得して欲しい・・・・・

こう話をして、打ち込みに入りました。

だらだら、何の目的もない打ち込みを見て雷を落としました。

内容は割愛しますが、そんな話をしてる間の子供たちの目を見てると、この後の練習は頑張ってくれそうな予感がしました。

想いが届いたのでしょうか?

みんな別人のように良い乱取りを見せてくれました。

やればできる。

久しぶりに少年団を仕切らせて頂きましたが、やはり指導は楽しいですね。

今日の練習に生かして欲しいと思います。

2014年11月13日 (木)

不本意

火曜日、少年団の稽古に市内の中学生が多数参加してくれた。

そこまでは嬉しく良かった。

が、稽古が始まると中学生の大人しいこと・・・・・・・・

数人以外は、何の目的も活気も感じられなかった。

何とかしなければ、と声を張り上げるが乗ってこない。

確かに、普段の道場と違ったり夜であったり生徒たちが今一乗れない原因もある。

それを理解したうえで、集合させて話して聞かせてみたりしたけど効果なし。

乱取りすれば良くなるかな?

と、期待したものの、お前ら何か不幸でもあったの?

と、嫌味を言うぐらいの静か~な乱取り(-_-;)

自分に当たって来れたのは三名だけ。

これでは強くなれん。

どうして?

なんで?

乱取りって楽しくないの?

投げれば嬉しいし、投げられれば、なにくそ!

って、向かって行くっしょ(-_-;)

投げても満足しなければくそっ

って思うっしょ。

男子、大人しすぎ!

指導力不足を痛感しました。

時代や環境のせいにはしたくありません。

もう一段、レベルアップをする為に諦めずに気付かせていきたいと感じました。

中学生と言う多感なこの時期。

大人への階段を上っていくこの時期の成長を促す事が出来る柔道の修行であるべきだと強く思います。

強さ=優しさ

気合の入った稽古も出来ず、強くもなれない人間が、人に対して優しくなんか出来ないのではないのか?

強さとは、試合での結果ではなく、目標に向かっ努力していくことが出来る心だと思います。

そんな練習を、稽古が終わった後見ていた少年団の子にはどう見えて、どう感じたのでしょうか?

そして、どう記憶に残っていくのでしょうか?

指導者としての責任は重い・・・・・・・・・

2014年11月 6日 (木)

今尾杯

日曜日に今尾杯が開催されました。

参加して頂いた道場のみなさん、大会運営にご尽力を頂いた柔道協会の先生方、ご父兄のみなさんありがとうございました。

自分は、相変わらず地元開催の試合ですら仕事で殆ど試合が見れませんでした(-_-;)

ですが、団体戦、敦賀の子供たちの試合を二試合見る事が出来ました。

その中で目についたのが、前回もその成長を取り上げた四年生のA君の試合でした。

な、何とA君がAチームの選手に抜擢されていました。

流石、Y代表見てるんですね。

さて、どんな試合をしてくれるのか?

試合開始、今まで見た事がないような闘志溢れる顔、ですが、闘志とは裏腹に空回りして敗戦。

苦笑いしながら試合場を去るA君。

A君を追って見てると、今度は下を見ながら拳で畳を叩いていました。

笑いながら?

顔を上げた瞬間、A君は泣いていました。

あんなに練習は不真面目で闘志の欠片もなかったのに・・・・・・・

もらい泣きしそうでした。

悔しかったんでしょう。

相当の想いでこの試合に臨んだのでしょう。

素質のある選手だけを強化し育成するのが柔道ではありません。

柔道は人間教育。

A君に教えられました。

ある道場の先生に、A君良いですね!

と、声を掛けて頂きました。

信じ、待ち、許す。

三位一体、指導者、本人、家族。

ある本に書かれていた受け売りですが、ダメな生徒なんていない、ダメな指導者がいるだけ。

色んなことに気付いたA君の今後に期待します。

そして、もっともっと子供たちに気付いて貰える様な指導者でありたいです。

一瞬の出来事でしたが、本当に良いものを見せて貰いました。

強制ではなく、やらせでもない涙って本当に感動します。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

無料ブログはココログ
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ