« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月29日 (木)

火曜日練習

火曜日の練習。

先ずは粟中での稽古。

特に二年生の生徒の成長が著しい。

人数も多く、良い意味でお互いを刺激しあってる感じがする。

なので、元から目をつけてきた子は勿論、そうでなかった子の成長した姿、柔道を見れるのが嬉しく感じる。

この学年、柔道部を引っ張る存在のN君。

寡黙で淡々と黙々と稽古をする。

自らも追い込んだ練習も出来るようになってる。

指導したことがきちんと理解し出来るようになってきてる。

最初からセンスの塊の生徒ではない。

努力。

その言葉がふさわしい、指導者にとっても、柔道部にとっても居なくては困る存在だ!

問題もある。

三年生に対しどうやって気付かせることができるか?

三年生とは、あと二ヶ月しか一緒に柔道ができないから・・・・・・

次は敦賀高校へ。

IH予選前、原電警備の関係の仕事で敦賀に来ている色んな県の警察、特練のみなさんが稽古に参加していただいてる。

大事な試合前に本当にありがたい。

練習も試合前独特の雰囲気も出ており急成長する予感もする。

見学だけだったが否応なしに自分も昔を思い出し興奮した。

最後は少年団。

またまた新入団候補の見学者あり。

その子のお母さんも昔、柔道の経験者。

そのお母さんの父親も柔道をされており、自分も小さい頃指導していただいた。

一年生の男の子がメイン。

お姉ちゃんは四年生だが付き添い。

この兄弟の練習を見学する目、が素晴らしい。

ちゃんと見てる。

中学生に手押し車をさせてたらまたじっと見てたので、やってみるか?

嬉しそうに頷いた。

一年生の男の子が体を真っすぐに手押し車を楽しそうにする姿が微笑ましい。

お姉ちゃんもやりたそうなのでチャレンジ。

足を持つのは弟。

一年生が四年生の足を持ってできるかな?

そんな心配は他所に水を得た魚の様に余裕でやっていた。

多分、普段からよく遊んでいるのが分かる。

からだを使うのが上手で慣れてる。

話は変わり中学生。

各部活や練習をしてきたばかりの中学生五人が意欲満々の参加。

技の指導、乱取りをしていった。

乱取りでは、小学生の時にはない厳しい稽古が出来る様になってきた。

自分も言葉汚く奮起してもらいたいためにハッパをかける。

それにちゃんと答えて頑張る教え子たち・・・・・

短い時間でしたが、凄く濃い練習が出来ました。

柔道での結果はまだ出てはいませんが、指導者として確実に成長してる教え子をこうやって見守っていける幸せを感じました。

まだ始まったばかり。

これからの成長を楽しみにしています。

お世辞抜きで敦賀の柔道は面白くなってきました(*^_^*)

2014年5月21日 (水)

道場巡り

昨日の練習

先ずは粟中、多くの生徒が力を付け意識改革も進んでるように感じました!

打ち込みを受け体で感じ

みんなの目からやる気を感じ

乱取りで再確認。

昨年はチームとして1つにまとまれなかったので今年は何とかしたいと思います!

道場の隅では、新入生が受け身などの練習をしてる姿を見てると、先輩もみんなそれぞれに成長したなあ!

と感じました。

中学生においては着々と環境の整備を整える準備中!(^^)/\(^^)

次は少年団。

昨日は指導者と育てる会の会議があって殆ど練習を見れず残念

年度が代わり、新しい仲間も凄く増え、違う道場のようです!

まだ名前を覚えきらない盛況振りに感謝しています。

早く名前を覚え、熱く指導していきたい!(^^)/\(^^)

敦賀の小学生、中学生、高校生。

着実に進化しています。

2014年5月14日 (水)

道場のあり方

昨日の練習。

先ずは粟中での外部指導。

N先生が初心者の体捌き指導の為に秘密兵器を自腹で購入してきた。

熱心で有難いことです。

練習前に礼儀について話をしました。

なぜ道場に一礼して入るのか?

他の部が積極的な挨拶や返事ができて君たちに出来ないはずがない。

その後、厳しい練習をする意味等について話をしてからスタートしました。

練習を通して感じたことは、みんな意識が高くなってきたこと。

激しい稽古が出来るようになってきたことです。

三年生の大きな生徒は、今までなんでそんな大きな体で投げられるの?

と、思っていたのが昨日は一変して全く投げれませんでした。

180センチを超え、120キロを超えた恵まれた体にやる気、と言う力が加わっただけでこうも変わるもんなのか?

生徒から勉強させていただきました。

これからの伸び代に大いに期待したいですし、それに続け!

と、全体の底上げに繋がってくれることを期待しています。

乱取りでは、積極的に自分に掛かってくる生徒もいました。

先日の試合を機に大きく変わってきました。

次は少年団。

新しい団員も加わり、Y代表も帰ってきて再スタート、と言う感じでした。

そんな中、ある兄弟に目が行きました。

五年生のお兄ちゃんは一生懸命練習しています。

乱取りで組みましたが凄く良かった。

特に大内刈りの威力は良いものを感じましたね。

何よりも直向きな練習態度に笑顔もこぼれます。

そして、妹ちゃん。

最近始めたみたいで自分は柔道着姿は初めて見ました。

大内刈りの打ち込みを見たときに何かを感じました。

それは釣り手の使い方です。

センスを感じましたね。

そして何よりこの兄弟の練習に対する取り組みが良いと感じました。

今後のムードメーカーになりそうです。

隣では、市内中学生が集まり合同練習が行われていました。

激しい良い稽古をしていましたよ。

どの子もやる気に溢れておりこれからの敦賀の柔道を盛り上げてくれると確信しました。

OBの高校生も後輩に稽古をつけてくれ、自分が理想とする道場の在り方を昨日は表現できたと非常に嬉しく感じました。

柔道は教育。

道場とは神聖な場所であり、大人も子供も自らを成長させる場であります。

柔道を続けることを軸に道場生は兄弟に等しく、恩師は親子の関係に等しい。

と、。自分は思っています。

だから厳しくもなるし、ダメな子でも決して諦めないし、何より少しずつ成長した姿を見続けれる幸せを感じています。

さー、今日も道場では少年団に初心者教室、中学生合同稽古が道場狭しと行われます。

事故怪我のないように!

2014年5月12日 (月)

中学生についての雑感

土曜日に中学生の春季の県大会がありました。

粟中19人。

気比中3人。

角鹿中3人。

松陵中3人。

気比付属中1人。

大分人数が増えてきました!(^^)!

試合前のアップも敦賀の中学生全員でした様子。

見たかったなあ。

さて、これからです。

意識の高い中学生を育てていくお手伝いをしていきたいと思います。

少年団で育てた選手を、どんどん上のステージに送り込みたい。

それが自分が思う柔道への恩返しの一つです。

2014年5月 9日 (金)

中学生

久しぶりの更新です!

GW明けの自分の休みは昨日でした。

少年団は練習がありませんので、粟中で完全燃焼してきました(笑)

三年生男子三人。

二年生男子七人。

一年生男子六人

一年生女子三人。

全員無事19名の大所帯になりました!(^^)/\(^^)

柔道は人間教育。

と言うことですから、毎回、挨拶、返事等口うるさく言ってきたことが、新入生の加入により、上級生の意識が高くなってきました!

練習においても後輩には負けられない!

と言うオーラも出て引き締まった良い稽古が出来ました!

生徒を集めこんな話をしました。

自分も大学まで柔道をやって来て一番何が大切かを感じる部分があります。

それは意識、目標をどこにおくかです。

同じ実力者同士がいたとします。

一人は県で三位が目標。

もう一人は全国優勝。

試合においても、普段の練習や私生活においてもどんどん差が開いてきます。

最初は小さな目標で良いでしょう。

それをどんどんクリアして日々向上心を持って欲しい。

そんな話をさせて頂きました。

さー、これからの敦賀の中学生に注目して下さいね♪

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

無料ブログはココログ
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ